わたくし記録

一緒に暮らしている人形たちと、日々のことなど・・・
TOPその他 ≫ クライドルフ展

クライドルフ展

クライドルフ1

クライドルフ
会場の入り口で遊んできました。
で、でもこんなものが置いてあっても展覧会にカメラ持って行く人は
私ぐらいではないでしょうか?

クラウドルフ3
図録でちょっと紹介してみます。(むりやりブライスも登場)
妖精といえば・・・エンチャンテッドペダル?(名前がうろ覚えですみません)のOF。
向かって右の絵が好きです。友達のバースデイカードのために描いたものだそう。

クライドルフ4
自画像も昆虫やお花といっしょ。

クライドルフ5
こちらは、細密画のようにアルプスの花が描かれています。

「湖底サロンで」のhono★さんが先日ブログに紹介されていて、
出かけるのを楽しみにしていました。
絵本の原画を中心に220点とたっぷりな量でしたが、
おもしろくて一気に見てしまいました。







スポンサーサイト

Comment

編集
こんばんはーー
あー、クライドルフだぁぁっと飛びついて読んでいましたら、
さいごにわざわざご紹介いただいて恐縮してしまいました。
ありがとうございますー

クライドルフ、とってもよかったですよね!
カタログも盛りだくさんで買ってよかったと思ってます。
でも、やはり原画のオーラはすごかったですねえ!
至福の空間でした。

わたし、ブライス以外のお人形に無知なのですが、
じょっとMさんのご紹介される子たちは
ヨーロッパ的な雰囲気でとてもすてきで魅入っております。

ああっと、ブログリンク貼ったつもりがしそびれていました!!
こちらからもどうぞよろしくお願いします。
2012年07月26日(Thu) 22:41
編集
>hono★さん
ご訪問ありがとうございます!
展覧会楽しんできました。絵本を読めるコーナーもあったし、ドールで妖精の世界を表現している一角もありましたね。そして原画の美しさは実際に見ないとわからないものですね~(ため息)

ブライス以外のお人形はほとんど韓国のものです。私はドラマも歌も韓流にはまりませんでしたがこれだけはまりました(笑 この国の美意識には、独特のものがあると思います。
ブライスの息抜きに(いらないですね)たまに遊びにいらしてください。よろしくお願いしま~す!
2012年07月31日(Tue) 18:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL